派手な躍り文句を前面に出す情報サイトが、巷にあふれています。

 「的中率は90%以上!」
 「万馬券を数点で!」

そんなことあり得ないだろう?
でも本当だったら凄すぎる。
よし、試しに一度参加してみるか!

 


そうやって、何回失敗を繰り返してきたんですか?

 

 

誰だって大金を手にしたいと思います。
「俺はお金に執着しない」なんて言う人だって、
貧乏よりも大金持ちの方が良いに決まっています。


 「たった1ヶ月で数千万円の利益が!!」


信じたくなりますし、参加してみたいと思うでしょう。

 

 

情報会社だって、的中なんてできないと自分で解っているんです。


どうせ的中できないなら、派手な広告を打ってやれ。
そうすれば、夢見て参加する人が多くなるに違いない。

 

 

まんまと掌の上で踊ってどうするんですか。

 

 

競馬には不確定なことが沢山あります。

出遅れて、掛かってしまって、内に包まれて
よくあるアクシデントで数馬身の差がついてしまうことはザラです。


それで勝ち馬と2着の差はハナやクビ。
1馬身以上差がつけば、圧勝の類です。

 

それなのに、的中率90%以上なんて可能だと思いますか?

 

 

万馬券を数点で的中も、おかしいとは思いませんか?

重賞でさえ、3連単で万馬券になるには200万円程度しか投票数がありません。
重賞以外なら、さらに的中総数は減ることになります。

 

本当に数点で万馬券が的中するのであれば、
私なら馬券を数万円は買います。
だって、数万円が数百万円になるんですから。

会員が100人いれば、会員だけで投票数全てを占める計算ですか。

参加者以外は一人も的中者がいない?
なら情報会社が提供しなければ、的中なしの特払い?

 

あり得ると思いますか?

 

 

関係者情報、生産者情報って言うんですか?
これなんかは論外に近いですね。

彼らが私たち素人よりも馬を見れるのは間違いないでしょう。
解らない世界だからこそ、信じたい気持ちはわかります。

「毎日バシバシ高額配当を当てているんじゃないか」
夢のある話ですよね。

 

でも冷静に考えてください。


関係者の管理馬が勝つことが決まっているとして、
他の関係者は負けることを了承しているんでしょうかね?

 

見返りを渡す?
そんなことをしてまで勝ち上がるメリットはどこにあるんでしょうか。
無理に昇級しても相手は一気に強くなるのに。

 

そうではなくて、勝てる確信があるということ?
同程度勝利の確信がある陣営が、同レースに出走していたらどうなるんでしょうか。
もはや、確勝情報ですらないですよね。

 

よく言われる裏情報なんて、
せいぜいが競馬新聞に毛が生えたようなものです。

 

 

 

 

 

競馬で一攫千金は不可能です。

強い馬は人気が集まり、穴馬は弱い馬だから穴馬なんです。
一発逆転を狙って穴馬ばかり買っても、滅多に好走できません。

 

 

では競馬で勝つことは出来ないのか?

それは違います。

 

私は、一発逆転ばかりを狙うのが非現実的だと言っているんです。
例え低配当でも、馬券は当たらなければ払い戻しになりません。


少しずつ勝ちを積み上げればいいんです。

 

 

大きな配当を的中させたい気持ちはわかります。
でも、当たらないから高配当なんです。

 

「でもこの情報会社は、高配当をバシバシ当てているらしい!」

本当に高配当を当て続けている情報会社と、
たったの一度でも巡り合いましたか?

 

 

もう一度言います。

競馬で一攫千金なんて不可能です。


当てやすい馬券を、当然のように当てる。

それだけで競馬は十分勝てます。

 

 

「こんな人気の馬券なら誰でも当てられるさ」

言わせておきましょう。
その人は、間違いなく穴馬券を買って外しています。

そんな人たちが居るから、オッズは支えられています。
ありがたい存在じゃないですか。

 

「俺はこんな馬券しか当てられないんだ」

照れた顔をしながら、
内心でほくそ笑んでいればいいんです。

 

 現実的な馬券を購入し
 現実的な馬券を的中させ
 現実的な利益を手にすることが

 

最終的には勝ち組へ最短の道となるのです。

 

 

お名前

メールアドレス

決済方法
  




 

 

申し遅れました。
私は山越と申します。

いわゆる馬券生活者というんでしょうか。
アンケートの職業欄には「無職」と書く生活を送っています(笑)。

 

今は競馬専門ですが、かつてトレーダーとして生活していました。

自慢ではありませんが子供の頃から数字には強く、
算数や数学は常にトップクラスの成績。
その代わり運動や語学などはサッパリでしたが(笑)。

つまり解りやすく理系の人間ということです。

 

 

大学でサークルの友人に「株をやらないか」と誘われ、
そこが人生第一の岐路。

負けず嫌いの性格もあって瞬く間にのめりこみ、
授業などほったらかしで株で利益を出すために全てを捧げました。

 

 

負けてしまったのは、始めた直後だけでしたね。

続けるうち見るべきポイント、調べるべきデータが解るようになり、
あまり苦労することもなく儲かるようになりました。

 

もっとも、友人に言わせれば私のやり方は面倒過ぎるそうで。

私とすれば「儲けるために全力を尽くしているだけ」なのですが、
一般的には私ほど深く研究することはないみたいですね。

今考えれば、この時期に「深く研究する」事が当たり前になったのでしょう。

いつしか友人たちからは「金を払ってもいいから投機を教えてくれ」
と、言われるようになっていました。

大学は自主退学し親には相当怒られましたが、
後悔は一度もしたことがありません。

半分趣味でやっていた延長で、普通に生活できるのですから。
こんなに楽しい人生を送っている人なんて、そういないと思いませんか(笑)。

 

それから数年間は株一筋でやっていましたが、
ある忘年会の場で友人たちが有馬記念の話で盛り上がっていたのです。

忘れもしない2009年の年末、
ブエナビスタ、ドリームジャーニーが人気の有馬記念でした。

 

当時は全く競馬は知らなかった私は、
友人にその2頭のワイドのみを頼みました。

ただの付き合いで深く考えることもなく、
強そうな2頭の、当たりやすそうな券種を頼んだのです。


結果はその2頭の1・2着。
配当は320円となりました。

友人は「せめて馬連ならよかったね」といいましたが、
私にはまったく別の考えが浮かびました。

 

「人気馬同士のワイドで、資金が3.2倍にもなった」

 

投資の世界では、大きな利益を得ようとすれば大きなリスクを背負います。

例えば、株やFXで資産を3倍(回収率300%)にしようとすれば、
相当なリスクを背負います。

もちろん競馬と同じく、元本の保証など一切ありません。

だからこそ5%、10%の利益を、コツコツと積み上げていく。
堅実な利益を少しずつ重ねていくのが当たり前です。

 

ところが競馬では、当てやすいワイドで、しかも1番人気で、3.2倍。

株の世界ではあり得ない利益率です。

私は衝撃を受け、競馬を深く研究してみようと決意しました。
これが人生第2の岐路となったのです。

 

 

 

この時点で私は、競馬はズブの素人。
実はこの時期、いくつか競馬情報会社を利用したことがあります。

「的中率90%以上!」
「万馬券を少点数で!!」

冒頭の謳い文句は、まんまと私が引っ掛かった言葉なんです。

半信半疑ながらも参加して、やっぱりかと思って落胆する。
私も皆さんと同じ道をたどった経験があるんです(悲)

 

 

当時は少なからずショックを受けましたね。

「広告は言い過ぎにしても、多少は儲かるんだろうな」
そう思っていましたから。

 

ところが参加すると、意味不明な買い目を送られて惨敗の連続。

数社情報会社を利用しましたが、的中したレースは、なんとゼロ。

情報会社に裏切られたという気持ちよりも、
なぜ多少でも信頼したのかと、自分のことが情けなくなりました。

 

 

情報会社に参加してわかったことは、たった一つ。

 安易に一攫千金ができる情報なんてない
 少しずつ勝ちを積み重ねるしかない

結局たどり着いたのは、トレーダー時代と全く同じ結論でした。

 

 

研究を始めるにあたり、私は最低ラインを一つ設定しました。

1年以内に、株で儲けていた時よりも利益を大きくすることです。

わざわざ株の儲けを放棄したのですから、ある意味当然の話です。
もし1年で結果が出せないようなら、競馬とは縁を切る覚悟でした。


しかし意外なほどアッサリと、この目標はクリアできました。
競馬の研究を始めてたったの2ケ月目には、
トレーダー時代よりも利益が上がるようになったのです。

 

 

こう書くと怒られるかもしれません。
でもあえて言い切ります。

競馬で勝つことは簡単です。

 

 

もちろん、深く研究することは必要です。

血統、実績、稽古内容、
馬場、コース形態、展開などなど

勝つために必要な要素は、とても多岐にわたります。

 

しかし競馬では、それぞれの要素がほぼ全て公開されています。

自分で各会社の資料を集めなければならない株とは、
勝つために必要な手間と時間が決定的に異なります。

 

トレーダー時代に構築したノウハウを、競馬に当てはめる。
それだけで、安定した収入を得られるようになっていました。

 

せっかくなので、ここ最近4ヶ月ほどの結果をここで公開しましょう。


10月3日 中京7R
【買い目】ワイド11-12
【結果】480円的中
払戻金
48,000円
10月4日 中山8R
【買い目】ワイド3-6
【結果】530円的中
払戻金
53,000円
10月4日 中京11R
【買い目】ワイド2-12
【結果】670円的中
払戻金
67,000円
10月10日 京都7R
【買い目】ワイド3-8
【結果】430円的中
払戻金
43,000円
10月11日 新潟8R
【買い目】ワイド3-8
【結果】420円的中
払戻金
42,000円
10月11日 京都11R
【買い目】ワイド2-13
【結果】580円的中
払戻金
58,000円
10月17日 東京7R
【買い目】ワイド5-7
【結果】660円的中
払戻金
66,000円
10月18日 京都8R
【買い目】ワイド4-10
【結果】440円的中
払戻金
44,000円
10月18日 新潟9R
【買い目】ワイド5-13
【結果】510円的中
払戻金
51,000円
10月24日 東京12R
【買い目】ワイド4-13
【結果】460円的中
払戻金
46,000円
10月25日 新潟12R
【買い目】ワイド8-12
【結果】700円的中
払戻金
70,000円
10月31日 京都10R
【買い目】ワイド5-7
【結果】690円的中
払戻金
69,000円
10月31日 東京11R
【買い目】ワイド6-13
【結果】580円的中
払戻金
58,000円
11月1日 東京11R
【買い目】ワイド6-9
【結果】420円的中
払戻金
42,000円
11月7日 福島8R
【買い目】ワイド6-14
【結果】550円的中
払戻金
55,000円
11月7日 東京12R
【買い目】ワイド2-4
【結果】510円的中
払戻金
51,000円
11月8日 阪神9R
【買い目】ワイド1-14
【結果】670円的中
払戻金
67,000円
11月8日 東京10R
【買い目】ワイド2-7
【結果】400円的中
払戻金
40,000円
11月14日 福島12R
【買い目】ワイド3-13
【結果】430円的中
払戻金
43,000円
11月15日 阪神7R
【買い目】ワイド5-13
【結果】560円的中
払戻金
56,000円
11月15日 東京9R
【買い目】ワイド4-6
【結果】520円的中
払戻金
52,000円
11月21日 東京9R
【買い目】ワイド1-15
【結果】640円的中
払戻金
64,000円
11月21日 阪神11R
【買い目】ワイド11-14
【結果】400円的中
払戻金
40,000円
11月22日 東京12R
【買い目】ワイド5-11
【結果】340円的中
払戻金
34,000円
11月23日 阪神9R
【買い目】ワイド1-11
【結果】570円的中
払戻金
57,000円
11月28日 東京7R
【買い目】ワイド9-10
【結果】510円的中
払戻金
51,000円
11月28日 阪神12R
【買い目】ワイド4-6
【結果】390円的中
払戻金
39,000円
11月29日 東京9R
【買い目】ワイド1-5
【結果】390円的中
払戻金
39,000円
11月29日 阪神10R
【買い目】ワイド3-5
【結果】540円的中
払戻金
54,000円
12月5日 中山10R
【買い目】ワイド10-12
【結果】700円的中
払戻金
70,000円
12月5日 阪神12R
【買い目】ワイド8-13
【結果】480円的中
払戻金
48,000円
12月6日 中山10R
【買い目】ワイド1-10
【結果】510円的中
払戻金
51,000円
12月12日 中山9R
【買い目】ワイド7-11
【結果】600円的中
払戻金
60,000円
12月13日 中京7R
【買い目】ワイド12-14
【結果】510円的中
払戻金
51,000円
12月13日 中山11R
【買い目】ワイド12-13
【結果】480円的中
払戻金
48,000円
12月19日 中山9R
【買い目】ワイド2-6
【結果】490円的中
払戻金
49,000円
12月20日 中京8R
【買い目】ワイド3-6
【結果】570円的中
払戻金
57,000円
12月20日 中山11R
【買い目】ワイド10-13
【結果】520円的中
払戻金
52,000円
12月26日 阪神9R
【買い目】ワイド4-14
【結果】670円的中
払戻金
67,000円
12月26日 中山8R
【買い目】ワイド6-10
【結果】410円的中
払戻金
41,000円
12月27日 阪神8R
【買い目】ワイド6-9
【結果】640円的中
払戻金
64,000円
1月9日 中山9R
【買い目】ワイド2-6
【結果】380円的中
払戻金
38,000円
1月9日 中京12R
【買い目】ワイド5-11
【結果】530円的中
払戻金
53,000円
1月10日 中山12R
【買い目】ワイド1-12
【結果】500円的中
払戻金
50,000円
1月11日 中山10R
【買い目】ワイド2-4
【結果】570円的中
払戻金
57,000円
1月16日 小倉8R
【買い目】ワイド7-13
【結果】690円的中
払戻金
69,000円
1月16日 中山9R
【買い目】ワイド7-10
【結果】550円的中
払戻金
55,000円
1月17日 小倉7R
【買い目】ワイド6-9
【結果】640円的中
払戻金
64,000円
1月17日 中京10R
【買い目】ワイド2-14
【結果】660円的中
払戻金
66,000円
1月23日 小倉12R
【買い目】ワイド8-13
【結果】480円的中
払戻金
48,000円
1月24日 中京8R
【買い目】ワイド1-2
【結果】380円的中
払戻金
38,000円
1月24日 中山11R
【買い目】ワイド4-9
【結果】570円的中
払戻金
57,000円
1月30日 中京12R
【買い目】ワイド8-13
【結果】510円的中
払戻金
51,000円
1月31日 小倉7R
【買い目】ワイド10-11
【結果】490円的中
払戻金
49,000円
1月31日 東京12R
【買い目】ワイド2-5
【結果】400円的中
払戻金
40,000円
2月6日 東京12R
【買い目】ワイド5-12
【結果】410円的中
払戻金
41,000円
2月7日 小倉8R
【買い目】ワイド5-6
【結果】700円的中
払戻金
70,000円
2月7日 東京10R
【買い目】ワイド7-15
【結果】650円的中
払戻金
65,000円
2月13日 阪神7R
【買い目】ワイド4-10
【結果】680円的中
払戻金
68,000円
2月14日 小倉9R
【買い目】ワイド7-12
【結果】540円的中
払戻金
54,000円
2月20日 阪神9R
【買い目】ワイド4-10
【結果】530円的中
払戻金
53,000円
2月20日 東京12R
【買い目】ワイド9-16
【結果】530円的中
払戻金
53,000円
2月21日 阪神10R
【買い目】ワイド9-10
【結果】600円的中
払戻金
60,000円
2月21日 阪神12R
【買い目】ワイド5-8
【結果】520円的中
払戻金
52,000円

 

 

見ていただければ解るように、買い目はワイドです。

研究を重ねていった結果、
的中しやすさと配当割合が高いレベルで安定しているのがワイド
という結論に達したからです。

 

 

まず勝ち負けだろうという結論に達した馬でも、
出遅れなどの小さなアクシデントであっさり負けてしまうことは少なくありません。

勝つと確信して単勝や馬単などを買っていたら、外れです。
いくら惜しいレースでも、納得できない不利があっても、外れです。

外れてしまえば賭けたお金は返ってきません。

 

 

しかしそんな馬は、もし負けても3着以下の大敗はあまりしません。

だからこそ、単勝でも馬単でも、ましてや3連単ではなく、

ワイドなんです。

 

もちろん、馬連や馬単でも的中していた例は少なくありません。
しかし当然、ワイド以外なら外れてしまうレースもあります。

トータルで考えるならば、ワイドを購入し続けるのが最も効率がよくなるんです。


 

では、その効率のいい購入をした結果はといえば、
1か月の利益は50万円程度になります。

 

「なんだ、その程度か」
そう思われましたか?

胸を張って答えましょう。
「はい、この程度です」

 

 

冷静になって考えてみてください。
月額50万円の収入なら、年間に直せば600万円程度になります。

給料に匹敵、人によっては給料の倍程度の収入を、
週末の競馬だけで手にする。

私には十分な利益だと思えますが。

 

 

毎月数百万円、年間数千万円の利益を期待していましたか?

何度でも言います。
競馬で一攫千金は不可能です。

 

競馬で儲けることはできますが、この程度です。

しかし、夢を追って散財するより現実的に収入を手にした方が、
少なくとも私には賢いやり方に思えます。

 

私が言いたいことを纏めるとこうなります。

 


 

ではここで、みなさんより一足先を行く方たちの声をお聞きください。

 

 

山越さんこんにちは。

上野です。
実は私は、最初からかなり疑っていたんです。
そりゃ、ワイドが手堅いのは当たり前です。
的中率だって高いです。でも配当が…。
どうしたってショボくなるじゃないですか。
だから、ずっとワイドを買い続けるっていう行為に、
どうしても抵抗があったんです。
だから最初は、保険のつもりで参加してみたんです。
そしたらいつの間にか、
気づいたら1か月後には50万円が口座に貯まっていたんです。
これは驚きでした。今ではもう山越さんなしでは生きてはいけません。
これからもよろしくお願いしますね!

 

 

 

山越様お世話になります。
先日お問い合わせさせていただきました埼玉の木下です。
競馬のことは全く分からないのにたまたま偶然山越様のことを知り、
ギャンブルなんて賭事なんて恐ろしいことと今までは敬遠していたのに
「コツコツと積み重ねる」という山越様の言葉が
生前父が申しておりました口癖と重なり とりあえずはもう
聞いてみるしかないと山越様にメールを差し上げたのが始まりでした。
競馬なんて賭事なんて恐ろしいし全く分からないと思っていましたが、
山越様の「競馬で一攫千金は不可能」というお言葉を聞いて
「この人は競馬を賭事としては考えていない。
本当に収入の手段として考えているんだ」と実感し
信じてみようと思ったのです。
お陰様で父の残した借金返済の目処もつきました。
本当にありがとうございます。

これからは母と一緒に細々と暮らしていこうと思います。
この度は本当にありがとうございました。

 

 

 

イヤもうホントに!!! ビックリでしたよ!!!!
自分はもう競馬を大学の時から15年くらいずっとやってるんですけど
ワイドで儲けようなんて考えたこともなかったからね!!!
だから山越サンの話を聞いた時は正直「アリエネー」って思ったんですよ。
(スイマセーン!!!)
そしたら本当にずっとずっとずーっと的中が
トントンと続いていくじゃないですか。
だからまた「アリエネー」って思ったんですよ。今度はいい意味で。
ダカラ最近なんか財布の中が札でパンパンなんですよね。
テンションマジであがりっぱなしですよ。
だから次もヨロシクですーーーーー!!!!!

 

 

私は馬券で生活をしています。
負けが重なり始めれば、生活そのものが危うくなってきます。

だからこそ、大勝するよりも、安定的に勝つことが必要です。

 

負けない為には、これ以上は無理と思えるだけ研究することです。

そうして導き出した馬でさえ、
小さなアクシデントで負けてしまう可能性が少なくないのが競馬。

だからこそ、ワイドでコツコツ的中を積み重ねる必要があるんです。

 

 

長々と書きましたが、それでも一攫千金を狙いたい方はいらっしゃるでしょう。

私では力になれそうもありません。
情報会社の掌の上で踊り続けてください。

 

一攫千金ではなく、競馬で給料ほどの利益を手にしたいと思われる方。

私が研究して導き出した買い目を提供させていただきます。

 

お名前

メールアドレス

決済方法
  


 


 

 

追  伸

 

私同様、馬券で生活したい方は沢山いらっしゃるでしょう。
本音を言えば、あまりお勧めはしません。

 

「好きじゃないとできない仕事」
よく聞く言葉ですが、まさに私がそれです。

 

競馬自体もそうですが、数字をかき集めて、分析し、結論を出す。
統計学に属する作業を延々と続けるのが好きではない方は、
挫折をするか、妥協して負け続けるかの、どちらかです。

私が競馬研究に費やす時間は、
サラリーマンの総労働時間と大して変わりません。
そこまでしてようやく、馬券で利益を出せるのですから。

 

「馬券で儲けているのだから無料提供すればいいじゃないか」
ごく稀に、こんなことを言ってくる方もいます。

確かに私は、お金で困ってはいません。
それは、サラリーマンが働くのと同等に競馬研究をした結果です。

一生懸命研究した結果を無料で教えるほど、
私はお人よしではありません。
私の買い目を買うというのは、
馬券専門の秘書を雇ったに等しい行為なのですから。

 

私は、私の研究結果を安売りするつもりはありません。
だからといって、
本気で私を頼りたいという方を袖にするつもりもありません。

情報会社に散々騙されてきた方、
その状態から本気で脱却したい方、


そんな方のみ参加していただければと思います。